研修制度などのシステム

食事

世界的に見ても超高齢化社会となっている日本において介護などの仕事には、人手不足という側面と働き方の多様性という問題も含んでいます。しかし人気のある資格としても依然として優位に働いている人も多く、特にスキルとしてケアマネという仕事には介護特有のやりがいを感じる人も多いです。パートで働くことができるので家庭の主婦が資格をとることもありますが、資格試験としては難易度が上がっている傾向もあります。また介護職としての必要性を感じて、資格を得て働くにも研修制度も義務付けられているので、仕事として参入するケースでは働く意識が高くなるのも嬉しいメリットだといえます。

要介護者へのサポート

手

将来性の高いケアマネの仕事には、要介護者の家族や本人からの要望によってどのような介護サービスを提供できるのか相談を受けることもあります。よりよい生活ができるようにサポートをすることになりますが、病気を抱えている人もいますし、要介護者の性格の問題などの話をされることも少なくありません。また主治医との話し合いをする時間も必要となりますので、どのような行動をとったほうがいいのか、アドバイスをもらいながら医療との連携をすることもあります。パートで働く場合には時間が短いですが、最大限にできるサービスを提供できるように工夫されますので、引継ぎなど同業者とのコミュニケーションをやっていけば問題なく仕事ができます。

スケジュール管理ができる

女性

事務的な作業では介護プランの作成がケアマネはやらなくてはいけないですが、説明ができるための書類やスケジュール管理として必須な能力です。これは正社員じゃなくてもパートでも作ることができますし、長期的な考え方でも介護プランができることでスムーズな仕事ができるようになります。これは家族との話し合いによって決まってくることも多く、目的から日時決定までしていくことで、何が必要なのかもわかってくるといえます。また高齢者本人に話をする場合にはわかりやすい言葉使いや丁寧な対応をすることなので、社会的に成熟している人だと対応も的確に出来る傾向があります。ちょっとしたことですが高齢者の話がわかりにくいと感じるような若い人では、相手が苦手意識をもってしまうケースあるので注意が必要です。もちろん若いからといっても言葉使いが丁寧な人もいますし、わからないことも理解する努力をすることで相手との距離を埋めることもできます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中